本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
チェ・ムンスン知事がマレーシア訪問、投資誘致に拍車の見込み
作成日
2013.08.12
ヒット
189
제목 없음

江原道は11日、チェ・ムンスン道知事が810日にマレーシアを訪問し、投資誘致活動を展開したことを明らかにした。

今回の訪問は、外国との交流拡大を通じて2018平昌冬季オリンピックを文化オリンピックに作り上げるための基盤を構築し、東海岸圏経済自由区域の指定による投資誘致を実現するために企画された。

チェ知事はマレーシアのクアラルンプール州とマラッカ州を訪問し、観光文化省のSeri Mohamed Nazri Abdul Aziz長官、Datuk Wira Ir.Idris Haron州知事とともに観光・文化分野における交流協力策について議論を交わした。

また、チョ・ビョンジェ駐マレーシア大使とユン・ソンギュ在マレーシア韓人会長、現地の韓国人企業家、潜在投資家などに対し、東海岸圏経済自由区域、アルペンシア、オリンピック特区など最近変化している江原道の投資環境について説明した。

また、クアラルンプールで開催される「20134回韓国の日博覧会」の開幕式に出席し、現地の韓国人たちを励ました。

江原道のある関係者は、「国内の投資誘致の活性化とともに、道内企業の対マレーシア市場進出も図る契機になった」とし、「今後マレーシア観光文化省と多角的な協力に取り組み、実質的な観光・文化交流を行っていく計画」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.08.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。