本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
春川中央市場、外国人観光客の誘致に拍車
作成日
2013.08.16
ヒット
185
제목 없음

江原春川市の浪漫市場(中央市場)が、韓国観光公社が選定した「ぜひ行ってみたい観光地」に選ばれた。

韓国観光公社が首都圏に集中している外国人観光客の地方分散を通じた地域景気の活性化を図るため、伝統市場の中で「ぜひ行ってみたい観光地(Must-Visit Place)」に春川中央市場を選定し、外国人観光客の誘致拡大を通じた伝統市場の活性化が期待される。

今回の選定は、昨年ソウル市の広場市場が外国人観光客誘致など多くの成果を上げたことから、江原道の担当部署(観光マーケティング課)が4月に韓国観光公社に対し、浪漫市場を観光市場に選定してほしいと提案したことで実現された。

韓国観光公社は商品化に求められる周辺観光地との連携可能性、規模、市場の「情」のような固有性などを総合的に考慮し、現地調査を通じて春川の浪漫市場、全州の南部市場、慶州の中央市場、済州の東門市場など4ヵ所を選定した。

それを受け、江原道と韓国観光公社は外国人観光客の募集連携を図るため、春川浪漫市場の特性を活かした各言語別(英語、日本語、中国語)の広報パンフレットを製作して旅行会社に提供するなど、商品化の連携に取り組み始めた。

パンフレットには各店舗の位置を示した案内図だけでなく、食べ物と買い物、楽しめる物などに分類した各店舗の特色と値段まで表示されており、韓国を訪問する外国人に対する様々な情報提供の機会になると期待される。

江原道の関係者は、「春川の浪漫市場が外国人誘致に向けた観光市場に選定されたことを受け、今後韓国観光公社や春川市商人連合会などと緊密に協力し、海外の旅行会社はマスコミを対象にしたファムツアー、浪漫市場との観光商品連携などを図り、より多くの外国人が浪漫市場を訪れることで地域経済が活性化されるように取り組んでいく」と話した。

原文記事

出所:ニューシース(2013.08.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。