本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
束草市、自治体の投資誘致サービス満足度で2年連続2位
作成日
2013.12.12
ヒット
189

江原道束草市が首都圏を除く市・郡・区の投資誘致行政サービスに対する投資企業の満足度調査で2位を占めた。

今回の調査結果は、産業通商資源部が3年以内に非首都圏で工場を新設または増設した4000の製造企業を対象に実施した評価である。束草市は70.8点(100点満点)を付けて昨年に続き2年連続全国2位となり、企業がビジネスしやすい優秀な自治体に選ばれた。

束草市によると、今回の結果は束草海洋産業団地(大浦第2・3農工団地)の造成とOne-Stop企業相談運営、雇用創出と労働環境支援、地方自治法の改善などが企業満足度で高い評価を得た。

2011年末に海洋産業団地に入居した企業関係者は「他の自治体とも議論したが経営難に陥り束草市に戻ってきた」とし、「HACCT認証工場を建設し、取得税や地方税などを減免され経営が良くなった」と明かした。

また「特に自治体の職員が入居企業のトラブルを迅速に解決してくれたり、誘致に関する十分な説明をしてくれたりして信頼できた」と入居について説明した。

束草市の関係者は「束草海洋水産加工食品を地域の戦略・特化産業として育成・発展させるため、企業がビジネスしやすい環境作りに集中した。活発な企業誘致に向け取り組む」と語った。

一方、今回の評価で束草市に続き橫城郡と江陵市がそれぞれ66.7点と66.4点を取り、全国4位と6位となった。全国トップ10内に江原地域の自治体が3ヵ所も含まれた。


原文記事

出所:ニューシース(2013.12.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。