本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、今年の海洋水産分野に2千955億ウォン投資
作成日
2014.01.07
ヒット
172

聨合ニュースによると、

(江陵=聯合ニュース)ユ・ヒョンジェ記者=江原道環東海本部は4日、今年、海洋水産部野に2千955億ウォンを投資して180事業を推進すると明らかにした。

これは昨年より65%が増加したものである。

江原道が施行する事業は163事業(1千156億ウォン)、国策事業は16事業(634億ウォン)、民間企業投資は1事業(1千165億ウォン)など。

入り海・海運分野はユーラシアと北極航路時代に備えたインフラ構築に向け、東海港と墨湖港の開発、束草港の港湾開発、注文津港離岸堤の構築、航路活性化などに294億ウォンを投資し、5月に竣工する三陟湖山港に1千165億ウォンを投資する。

海洋観光産業分野は全国最高のグローバル海洋観光モデル化に向け、夏のうみべ運営特性化、海洋レポーツの活性化、海中公園レジャー専用空間の造成、深谷海岸段丘探訪路造成、海岸林と海岸砂丘の復元などに144億ウォンを投資することにした。

水産増殖・養殖分野はナマコブランド特化産業、沿岸海牧場化、寒海性と優良種苗の大量生産拡大、白化現像の被害予防と復元、タコの生息・産卵場の造成などに225億ウォンを投資する。

水産物流通・加工分野は流通構造と加工技術革新で競争力を強化するため、水産食品グローバル化戦略、流通と物流センターの建設、産地の加工と直売所施設などに230億ウォンを投資する計画。

漁村・漁港施設分野は地方漁港と漁港開発、周辺整備などに43億ウォンを投資する。

漁民福祉分野は注文津漁村界総合福祉会館の建設、災害補償保険支援、潜水士支援、外国人福祉施設支援などに155億ウォンを投資する。

内水面生産・所得基盤分野は全国最高の内水面生態宝庫を育成するためにヤマメの復元、ドジョウの増殖、養魚場の地下水開発、養魚場の飼料購入費支援などに40億ウォンを投資する方針。

21世紀をリードする海洋水産力量を強化するため、水産業を専門にする経営家の育成、女性漁民団体育成、日韓水産セミナーなどに25億ウォンを投資する。

イ・ドンチョル江原道環東海本部長は「江原道の道政の方向に合わせて江原道の海洋水産業を東海岸の中心産業へと育成する」とし、「豊かな海、夢がある漁村、幸せな漁民のためのビジョンと推進戦略に力を注ぐ」と話した。

yoo21@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.1.3)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。