本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、原州医療機器産業国家産業団地の指定推進
作成日
2014.02.21
ヒット
175

聨合ニュースによると、

原州でセミナー開催…2020年まで7千億ウォン投資

more

【春川聯合ニュース】イム・ボヨン記者=江原道は原州に379万㎡規模の医療機器産業特化国家産業団地の指定推進を本格化した。

江原道は17日、原州医療機器総合センターで、チェ・ムンスン知事と産業研究院、江原発展研究院の関係者などが出席した中、「医療機器産業と国家産業団地の指定」セミナーを開き、原州医療機器産業特化国家産業団地の指定推進を公式に発表した。

原州医療機器産業特化国家産業団地は、富論面一帯379万5千㎡に造成される予定。

2022年まで、計7千億ウォンを投資し、医療機器企業と研究開発(R&D)施設、背後宅地などが設置され、バイオ融合・複合の医療機器特化業種を誘致する。

道は、同産業団地の指定を政府レベルの地域別特化産業育成戦略と連携する方針。

原州医療機器産業は昨年4月、国土部の大統領業務報告で重点支援対象に取り上げられた。

国家産業団地の造成を進める原州は、現在、全国医療機器生産の14.9%、輸出の21.3%を占める等、最も成功したクラスターモデルに成長して、国内医療機器産業のハブとして位置づけられている。

これを受けて、道は原州に医療機器産業特化国家産業団地を造成すると、道内医療機器産業は生産割合の30%以上、輸出40%以上を占めると分析した。

しかし、これまで先端医療複合団地の選定から脱落する等、政府の支援を受けられないことによって、持続発展に限界があると指摘された。

道が国家産業団地造成を進める背景には、政府の支援を受けて医療機器産業の発展に向けた強力なエンジンを確保しようとする意向が盛り込まれている。

キム・サンピョ経済副知事は、「全国で40ヵ所の国家産業団地が造成される間、江原道には小規模な北坪国家産業団地1ヵ所しか造成されなかった。世界的な競争力を持つ原州医療機器産業のグローバル化のためには、国家レベルの支援が必要だ」と強調した。

limbo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.2.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。