本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
春川レゴランドコリアの施行会社、春川に移転…事業推進本格化
作成日
2014.04.21
ヒット
179

聨合ニュースによると、

(春川聯合ニュース)イム・ボヨン記者=春川レゴランドコリアの施行会社、LL開発株式会社は15日、春川に事務所をオープンして本格的な事業展開に入った。

春川中央路の事務所で行われた開所式には、キム・サンピョ経済副知事、イ・ユンハ代表取締役、現代建設・LPTコリア・韓国投資証券・サブワン、Peter Lysholt Hansen在韓デンマーク大使などが出席した。

LL開発は、6月中に着工式を行い、8月ごろにはレゴランドテーマパークを着工、早ければ2016年下半期にオープンする予定。

レゴランドコリアは衣岩湖内の中島一帯の129万1千㎡に建てられ、計5,011億ウォンが投資される。

レゴランド竣工後、国内外から年間200万人の観光客が訪れ、9,800人の雇用創出と年間44億ウォンの地方税収増大効果が期待できる見通し。

事業には、マーリン社と江原道がそれぞれ16.7%、YJブリックスが29.1%、韓国投資証券が12.5%、現代建設が8.3%の持分で参加する。

一方、江原道は同日、Peter Lysholt Hansen在韓デンマーク大使を江原道名誉道知事に委嘱した。

彼は、2010年10月に赴任した以来、レゴランドテーマパークの江原道誘致を支援し、合意覚書(MOA)や本協約の締結、事業推進に向けた政府レベルの協調を求めるなど積極的な活動を展開した。

limbo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.4.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。