本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江陵、東海、太白、三陟、「共存発展」を進める
作成日
2014.06.03
ヒット
170

聨合ニュースによると、

(太白聯合ニュース)ペ・ヨンホ記者=江陵、東海、太白、三陟など江原南部4市が共存発展に向けて力と智恵を引き出す。

4市は今年1月、「白頭大幹幸福生活圏」を構成して、共同発展計画樹立役務を注文するなど、住民が幸せな暮らしを営める模範都市に跳躍するため、全力を尽くしている。同市が30日明らかにした。

このために発掘した連携・単独事業は、白頭大幹観光ベルト化、鉄道観光連携、餅文化フェスティバル、高冷地白菜村特性化、若者創業支援センター、公共屠畜場導入、山火事鎮火用賃借ヘリコプター運用、大学生就職博覧会など計60。

総事業費は連携事業が2千222億ウォン、単独事業が2千138億ウォンなど計4千360億ウォン。

一方、同市は5月28日に江陵市役所で、「白頭大幹幸福生活圏発展計画役務懇談会」を開き、2018年までの投資計画の樹立方向と基準、年次別投資計画、優先順位事業選定などについて議論した。

byh@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.5.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。