本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、バイオ・医療機器など4大先端産業を集中育成
作成日
2014.06.10
ヒット
164

聨合ニュースによると、

(春川聯合ニュース)イ・ジェヒョン記者=江原道が雇用創出と経済活性化に向けた「先端産業ロードマップ」を確定し、集中育成することにした。

江原道は8日、健康生命バイオ、先端医療機器、機能性新素材、知識融合型ICTなど4大先端産業と9大核心産業を確定したと明らかにした。

9大核心産業は医薬・海洋・食品バイオ、電子医療機器、新素材・プラズマ、知識コンテンツ・防災・IT融合など、先端技術に基盤を置く2次産業中心に構成した。

先端産業の3大核心価値は「ウェルビーイング、医療、休養」だ。

道は先端産業の育成を通じて、自然環境を活用した1次産業の高付加価値化と文化・観光・スポーツなど3次産業の競争力強化を支援する方針だ。

このため、道は今年、科学技術力量強化などに235億ウォン、ナノ・プラズマなど素材産業の育成に90億ウォン、医療機器産業育成に56億ウォンなど、8分野・37細部事業に計799億ウォンを投資することにした。

チェ・ジュンフン経済振興局長は「先端産業の構造高度化など、集中育成による創造経済の実現で、雇用創出と地域経済の活性化を図るなど、戦略産業で4兆5千億ウォンの売上高を達成する」と述べた。

jlee@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.6.8)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。