本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江陵市、五輪特区の追加指定を推進へ
作成日
2014.07.24
ヒット
220

聨合ニュースによると、

【江陵聯合ニュース】ユ・ヒョンジェ記者=江原道江陵市は2018冬季五輪を控えて、国内外の投資誘致を促すために冬季五輪特区を追加指定することにした。14日に明らかにした。

2特区・3地区に加えて、中国資本が投資する予定の正東津チャイナドリームシティ造成地域、フラワーガーデンとキャンピング場、温泉地区、江陵複合団地造成敷地など6地区・18事業の追加指定を進めている。

この他にも、グリーンビジネス海洋休養地区拡大指定、烏竹軒と周辺農地30万平方メートル規模の伝統歴史文化地区、鉄道地上敷地など五輪観光サイト造成など。

江陵市は今月の初めに江原道へ追加指定を申し込み、チェ・ミョンヒ江陵市長はこの前江陵を訪れた江原道知事にも提案した。

江原道の関係者などは15日に冬季五輪特区総合計画変更樹立に伴う現地調査を行う。

特区変更の目的、五輪との連携性検討、事業推進可能性と利害関係者の協議事項、該当地区別土地利用計画、地区単位計画の樹立事項などを確認する。

江陵市は今月中に関連省庁との協議を実施し、8月中に特区変更対象が確定されるよう取り組む予定。

yoo21@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.7.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。