本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
江原道、地域幸福生活圏事業に180億ウォンを出資
作成日
2015.07.28
ヒット
120

聨合ニュースによると、

13の事業を推進…同等の水準の生活インフラを提供

【春川聯合ニュース】イム・ボヨン記者=江原道は25日、今年「地域幸福生活圏連携協力事業」に国費150億ウォンと地方費30億ウォンを出資すると明らかにした。

同事業は、隣接する市・郡が自主的に設定した生活圏内の住民に対し、同等の水準の社会・文化・福祉サービスを提供することを目指している。

2013年から推進してきており、江原道と農林畜産食品部、地域発展委員会が共同で支援している。

道内には春川圏、雉岳山圏、白頭大幹圏、嶺北圏、冬季オリンピック圏、楊口-麟蹄圏と、道の圏域を越える小白山圏(寧越)、 漢灘江圏(鉄原)の8の生活圏がある。

今年は、分娩施設の脆弱な地域における安全な出産インフラ構築をはじめ、DMZ安全保障農業競争力の強化、原州~横城広域バス情報システムの構築、一般廃棄物の連携処理など13の事業を推進する予定だ。

limbo@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事
出所:聨合ニュース(2015.07.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。