5 慶南昌原スマートグリーン産業団地詳細を見る | Location Report | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

Location Report

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 投資プロジェクト
  • Location Report
慶南昌原スマートグリーン産業団地
作成日
2021.03.24
ヒット
224

慶南昌原産業団地は重化学工業育成政策に基づき、世界的な先端機械産業団地を造成するためにスマートグリーン産業団地に指定されており、主力業種は機械(59.2%)、電気電子(19.5%)、運送装備(9.6%)などの分野で構成されている。



敷地の概要


  • Location : 昌原市農業技術センターの敷地
    (昌原市義昌区チャンイ大路71)
  • Total Area : 約25,302,000㎡
  • Project Period : ’19.10 ~
  • 生産総額 : 391,960億ウォン
  • 輸出総額 : 9,597百万ドル
  • 入居企業数 : 2,754社
  • 雇用者数 : 124,950人



smart industry



Key Highlights  


- (テストラインの構築)デジタルツイン基盤の加工・組立・検査の3つのモジュールラインを構築
- (専門人材の養成)スマート製造人材を養成するためにKPC、慶尚南道地域の大学と協力して段階別・水準別の教育プログラムを開発
- (評価システムの開発・認証)スマート製造の中核部品・モジュール・装備の耐久寿命の予測と故障率検証のための評価及びテストシステムを開発




立地条件

교통시설 및 유통공급시설



スマート工場の普及拡大

支援方策
支援対象:国内法人登録の製造企業

募集期間: 2021.1.22 ~ 2021.6.30
主管:スマート製造革新推進団

詳細事項

事業名 支援内容 支援類型 政府支援金
(1社当たり、最大)
スマート工場の構築及び高度化 製品設計・生産工程の改善などのためにIoT、5G、ビックデータ、AR・VR、AI、クラウドなどの先端技術を適用したスマート工場ソリューションの構築及び構築に必要な(ソリューション連動)自動化機器、制御機器、センサーなどの支援
基礎 0.7億ウォン
高度化1 2億ウォン
高度化2 4億ウォン



主要造成計画


スマート便益施設の拡充(統合管制) 産業団地内の危険物、環境汚染、交通管理のためにIoT、知能型CCTV(監視カメラ)、関係機関データを連携、活用したシステムを運営
*IoT環境センサーシステムの設置(実測情報)+知能型CCTVの構築(画像情報)+公共データ連携(気象・環境・地形情報など)
→ リアルタイムモニタリング及び産業団地リスク管理予測の強化
スマート便益施設の拡充(物流プラットフォーム) 老朽化した従来の共同物流センターにICT&AI技術の適用で物流費用を低減し、産業団地内の遊休倉庫と連携して活用
*共同物流参加企業と物流事業者(運送、保管など)を対象にセンサーなどのデバイスを支援し、データ収集と物流需給の知能型マッチングを実施
工程革新シミュレーションセンター 製品開発、製作、性能検証までの工程全体の仮想設計を支援し、中小・中堅企業のスマート製造革新力量を強化
*各企業が高価なソフトウェアを購入したり、業者に依頼したりせずにセンターのシミュレーションを通じて製品開発の期間短縮及び費用低減
標準製造革新工程モジュール デジタルツインなどスマート製造技術の現場適用に向けたモジュール型生産システムの構築を通じて製造技術の検証及び企業の支援
スマート製造高級人材の養成 スマート製造分野における大学・大学院課程(在職者など)の教育環境の造成、現場問題解決中心のカリキュラムの開発運営、産学共同の人材養成及び企業の技術問題解決の支援
エネルギー自給自足型インフラの構築 産業団地内に燃料電池、太陽光など新再生可能エネルギー発電所とESSを拡充し、電気自動車からの給電などを基盤としたエネルギー取引ネットワークの実証



メタ情報