本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

観光

  • Home
  • 有望産業·立地
  • サービス業
  • 観光
  • 国際会議開催世界2位、観光競争力Top20 コンテンツを閉じる
    国際会議開催世界2位、 観光競争力Top20
    韓国には世界各国から多くの人が集まり、国際団体連合(UIA)によると、2019年の国際会議開催件数は1,113件で世界2位を占めた。
    また、世界経済フォーラム(WEF)の観光競争力レポートで韓国は140ヵ国の中で16位となっており、ショッピング観光の魅力で海外からの観光客が増加したことによって 2019年のインバウンド観光収入は前年比16.5%増加した216億ドルを記録した。
    "韓国の国際会議開催件数及びランキングの変動推移"
    内容準備中です。 画像拡大
    韓国の国際会議開催件数及びランキングの変動推移 연도별 추이선 정보제공
    区分 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
    293(12) 347(11) 464(8) 469(6) 563(5) 635(3) 636(4) 891(2) 997(1) 1,297(1) 890(2) 1,113(2)
    ※ 出所 : 国際団体連合(UIA) (Jun.2019)
    ※ 注: ( )は年度別の韓国の世界ランキング。毎年6月以降にアップデート
    "主要国観光収入額の現況"
    内容準備中です。
    (2019年)
    • 영국 499億(7.4%)
    • 일본 461億(8.0%)
    • 독일 416億(2.2%)
    • 중국 358億(-7.3%)
    • 홍콩 290億(-21.3%)
    • 한국 216億(16.5%)
    • 싱가포르 201億(-0.7%)
    • 스위스 171億(2.4%)
    • 스웨덴 152億(11.3%)
    • 벨기에 89億(5.2%)
    • 덴마크 88億(2.7%)
    • 브라질 59億(-0.1%)
    画像拡大
    ※ 出所 : 世界観光機関(UNWTO) 「UNWTO Tourism Barometer (May 2020 Edition)」
    ※ 注: 単位ドル、右の比率は前年比の増減率
  • 訪韓外国人観光客数の持続的な増加 コンテンツを開く
    訪韓外国人観光客数の 持続的な増加
    韓国を訪問した外国人観光客数は2010年から2019年の間に年平均7.9%の増加率を示した。
    2010年879万8,000人だった訪韓外国人観光客数は2019年1,750万3,000人に増え、
    この10年間過去最高水準を記録した。訪韓外国人観光客の主な訪問目的は余暇/慰楽/休息が67.8%と最も高く、
    韓国を選択した主な理由(複数回答基準)は「ショッピング」が66.2%で最も高かった。
    "訪韓外国人観光客数"
    内容準備中です。
    (単位:千人)
    訪韓外国人観光客数 년도별 관광객 수 정보제공
    2010 2011 2012 2013 2014 2015 2015 2017 2018 2019
    8,789 9,795 11,140 12,176 14,202 13,232 17,242 13,336 15,347 17,503
    画像拡大
    ※ 資料:韓国観光公社「韓国観光統計」
  • 複合ショッピングモール、統合型リゾートなどグローバル企業の韓国進出分野の拡大 コンテンツを開く
    複合ショッピングモール、統合型リゾートなど グローバル企業の韓国進出分野の拡大
    従来のグローバル企業の韓国投資はホテル、食飲料・外食、エンターテインメント分野を中心に行われる傾向があったが、
    最近は複合ショッピングモール及び統合型リゾートなどに分野が拡大している。
    米国系ショッピングモール開発運用会社トーブマン(Taubman)は子会社のトーブマンアジアを通じて韓国の流通企業新世界グループ傘下の新世界プロパティと共同出資し、2016年9月、複合ショッピングモール「スターフィールド河南」を建設したのに続き、
    2020年10月には「スターフィールド安城」をオープンした。日本のエンターテインメント企業のセガサミーホールディングスは韓国の
    パラダイスグループと合弁で仁川永宗島に北東アジア初の統合型リゾート「パラダイスシティ」をオープンしており、
    中国の大規模不動産開発会社の緑地グループは韓国のロッテ観光開発と協力し済州島に統合型リゾート「ドリームタワー」を開発した。
    "グローバル企業と韓国企業間の複合ショッピングモール・統合型リゾート部門の合弁事例"
    トーブマンアジア‐新世界プロパティ(複合ショッピングモール スターフィールド), セガサミーホールディングス‐パラダイスグループ(統合型リゾート 仁川パラダイスシティ), 緑地グループ‐ロッテ観光開発 - 統合型リゾート 済州ドリームタワー 画像拡大
  • 観光ベルト及びマリーナ港湾の拡大造成 コンテンツを開く
    観光ベルト及びマリーナ港湾の 拡大造成
    韓国の文化体育観光部は2010年、観光資源を効率的に開発・管理するために観光開発政策の方向と推進戦略を盛り込んだ「第3次観光開発基本計画」を策定した。
    韓国の海洋水産部は2010年第1次マリーナ港湾基本計画を立て、拠点型マリーナ港湾を指定してインフラ基盤構築などを推進してきた。
    それに続き、2020年第2次マリーナ港湾基本計画を策定し、圏域別の拠点港湾をマリーナ中心のハブ空間に造成し、民間の投資機会を拡大する計画を立てた。
    韓国は2020年基準で8ヵ所のマリーナ港湾を運営しているが、第2次基本計画を通じて2029年までに70ヵ所を追加で造成する計画だ。
    "広域観光圏"
    内容準備中です。
    • 北東アジア観光ハブ
      • ソウル:世界的な観光都市
      • 仁川:創造的な海洋観光都市
      • 京畿:首都圏の観光スポット
    • 生態、ウェルビーイング観光及びウインタースポーツのメッカ
    • 科学と観光の融合
      • 大田:科学観光特化地域
      • 忠清北道:韓国型ウェルビーイング観光
      • 忠清南道:伝統文化、海洋観光
    • 歴史観光の拠点
      • 大邱:3大文化圏のハブ
      • 慶尚北道:3大文化圏、生態観光
    • 文化観光の中枢地域
      • 光州:文化芸術観光都市
      • 全羅北道:セマングム国際観光拠点
      • 全羅南道:南道文化と海洋観光
    • 海洋レジャー、クルーズ地域
      • 釜山:海洋レジャー都市
      • 蔚山:テーマ観光都市
      • 慶尚南道:オールシーズンのリゾート地
    • 自然遺産観光及びMICE産業の中心
    画像拡大
    ※ 資料:文化体育観光部(2011)、第3次観光開発基本計画
    "マリーナ港湾区域の現況及び予定区域の位置"
    内容準備中です。
    マリーナ港湾区域の現況及び予定区域の位置 현황, 개소, 지역 정보제공
    현황 개소 지역
    해수면 마리나항만 예정구역 위치 55
    • 영종
    • 인천
    • 시화호
    • 덕적도
    • 방아머리
    • 왜목
    • 전곡
    • 창리
    • 안흥
    • 원산도
    • 흥원
    • 비응
    • 고군산
    • 목포
    • 화원
    • 진도항
    • 완도
    • 소호
    • 웅천
    • 남열
    • 여수엑스포
    • 광양항
    • 삼천포
    • 하동
    • 당항포
    • 충무
    • 동환
    • 다대포
    • 지세포
    • 부산북항
    • 수영만
    • 동암
    • 해운대
    • 감포
    • 양포
    • 두호
    • 강구
    • 강릉
    • 수산항
    • 속초
    • 김녕
    • 도두
    • 이호
    • 회순
    • 강정
    • 송도동
    • 보령복합
    • 궁항
    • 황화도
    • 신전항
    • 근포
    • 당사항
    • 나정
    • 한섬
    • 신창
    내수면 마리나항만 예정구역 위치 15
    • 인천터미널
    • 서울
    • 의암호
    • 반달섬
    • 충주호
    • 단양호
    • 청풍호
    • 탑정호
    • 심포
    • 영암호
    • 을숙도
    • 삼락
    • 대동
    • 화명
    • 형산강
    마리나항만 구역 8
    • 김포
    • 왕산
    • 제부
    • 목포
    • 충무
    • 진해명동
    • 후포
    • 중문
    78
    画像拡大
    ※ 資料:海洋水産部(2020)、第2次マリーナ港湾基本計画
  • 主要プロジェクトの紹介 コンテンツを開く
    主要プロジェクトの 紹介
    オシリア観光団地は海洋都市釜山に建設されるオールシーズン滞在型海洋統合型リゾートで、約336万㎡の規模で脚光を浴びている。
    オシリア観光団地はレジャー、ショッピング、宿泊、テーマパーク施設などが含まれた複合観光団地で、2014年に「ロッテプレミアムアウトレット」、2017年に「ヒルトン釜山&アナンティリゾート」、「ゴルフ場」など文化・ショッピング・観光施設が構築され、テーマ施設の開発が順次、進められている。
    また、韓国の全羅南道は従来の典型的な農業地帯から第4次産業革命を基盤とした先端技術集約都市への転換に乗り出している。
    そこで全羅南道は観光レジャー型スマートエコシティの造成を目標にして太陽光発電をはじめとするセルフドライビング電気自動車、
    スマート農業などを重点事業分野にした「ソラシドスマートシティ」プロジェクトを進めている。
    内容準備中です。
    オシリア観光団地造成事業の概要
    • 事業期間:2006~2022年
    • 位置:釜山市機張郡機張邑大辺・侍郎里一帯
    • 面積:3,662,486㎡
    • 導入施設:テーマパーク、アクアワールド、ホテル、ゴルフ場、複合ショッピングモールなど
    • 総事業費:約8億ドル
    • 事業主体:釜山都市公社
    ソラシドスマートシティの概要
    • 事業期間:2010~2025年
    • 位置:全羅南道海南郡山二面九星里一帯
    • 面積: 20,899,330㎡
    • 総事業費:約52億ドル
    • 事業主体:西南海岸企業都市開発(株)
    画像拡大
    ※ 資料:オシリア観光団地ホームぺージ(osiria.bmc.busan.kr)
    ※ 資料:ソラシドスマートシティホームぺージ(www.solaseado.com)
    ※ 資料協力:韓国文化観光研究院
Invest KOREA
不動産/観光レジャーPM
チュ・ユンチョル サービス産業誘致チーム
T.+82-2-3460-3288