本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

情報通信ICT

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 新産業
  • 情報通信ICT
情報通信(ICT) Information & Communications Technology
  • 世界初、そして世界最高のIT強国 コンテンツを閉じる
    世界初、そして 世界最高のIT強国
    韓国はICT産業のグローバルリーダーである。
    世界で初めてCDMA(1996年)、LTE-A(2013年)、5G(2019年)を商用化し、ICT分野の高水準の技術と普及率を有する韓国はICTのグローバルリーダーとして評価されている。
    "ICT普及(ICT Adaption, 2019)"
    内容準備中です。
    • 1位 :韓国-光ケーブルインターネット加入者数 1位, 超高速インターネット加入者数 6位, インターネット利用者数 9位, モバイル通信利用者数 21位, 携帯電話加入者数 44位
    • 2位:UAE
    • 3位:香港
    • 5位:シンガポール
    • 6位:日本
    • 9位:デンマーク
    • 18位:中国
    • 27位:米国
    • 31位:英国
    • 35位:カナダ
    画像拡大
    ※ 出処 : WEF(World Economic Forum)、国家競争力報告書2019
    また、韓国の製造メーカーのスマートフォン販売量は2011年以来世界1位を維持しており、5G、フォルダブルフォン(折りたたみ型スマホ)
    などの新技術を適用したプレミアムスマートフォンで世界の革新をリードしている。
    "世界スマートフォン市場における上位5社の市場シェアの推移"
    (単位 : %)
    内容準備中です。
    世界スマートフォン市場における上位5社の市場シェアの推移 順位, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019
    順位 2015 2016 2017 2018 2019
    1 삼성 22.5% 삼성 20.5% 삼성 20.9% 삼성 19.0% 삼성 19.2%
    2 애플 15.9% 애플 14.4% 애플 14.0% 애플 13.4% 화웨이 15.6%
    3 화웨이 7.3% 화웨이 8.9% 화웨이 9.8% 화웨이 13.0% 애플 12.6%
    4 레노버 5.1% 오포 일렉트로닉스 5.7% 오포 일렉트로닉스 7.3% 샤오미 7.9% 샤오미 8.2%
    5 샤오미 4.6% vivo 4.8% vivo 6.5% 오포 일렉트로닉스 7.6% 오포 일렉트로닉스 7.1%
    画像拡大
    ※ 出処: Gartner
    ※ 注:販売量基準
  • 国家経済を主導する主力産業 コンテンツを開く
    国家経済を主導する 主力産業
    2019年基準でICT産業がGDPに占める割合は10.8%(1,711億ドル)で韓国の経済成長をけん引している。
    特に携帯電話は韓国の10大輸出品目の一つで、2019年には韓国の輸出全体の約2.3%を占めており、5Gの商用化で通信サービス産業の売上は増加傾向が続いている。
    ※ 出処:科学技術情報通信部
    ※ 国家統計ポータル(KOSIS) : [ICT輸出入統計] 統計表詳細 [照会する]
  • 韓国進出グローバル企業の5G事業の強化 コンテンツを開く
    韓国進出グローバル企業の 5G事業の強化
    韓国に進出したグローバルICT企業は最近5G関連事業を拡大している。
    韓国への投資を通じて2Gから通信市場を主導してきたスウェーデン企業のエリクソンは、最近、韓国の通信事業者と共同で5GへのR&D投資を強化している。
    フィンランド企業のノキアは韓国での多様な経験を基に海外ネットワークの品質、性能改善を支援しており、5Gなど次世代ネットワークインフラの仮想化及びソリューションを提供する。
    内容準備中です。
    エリクソンLG
    • 投資家 : エリクソン
    • 国 : スウェーデン
    • 従業員数 : 668人 (‘19年12月基準)
    • 売上高
      • ’17年: 2.4億ドル
      • ’18年2.0億ドル
      • ‘19年4.5億ドル
    ノキアソリューション&ネットワークスコリア
    • 投資家 : ノキア
    • 国 : フィンランド
    • 従業員数 : 274人 (‘19年12月基準)
    • 売上高
      • ’17年1.7億ドル
      • ’18年1.1億ドル
      • ’19年4.9億ドル
    画像拡大
    また、各グローバル企業では5G、AI、クラウド、eコマース、O2O、ゲーム関連投資が行われており、今後第4次産業革命と関連した投資は持続的に増加するものと見込まれる。
    ゲーム:Tencent, eコマース:ebay, クラウド:amazon, O2O:Delivery Hero, AI:COGNEX, 5G:China Mobile 画像拡大
  • 5G+戦略とデジタルニューディール コンテンツを開く
    5G+戦略と デジタルニューディール
    2019年4月韓国政府は5Gの早期商用化及び5G基盤の新産業育成のために「5Gプラス(5G+)」戦略を発表した。
    5G基盤の10大中核産業と5大中核サービスに重点的に投資して5G+基盤の新産業を育成し、2026年までに世界市場の15%を占めることを目標にする。
    また、政府及び公共分野で積極的に5Gを導入し、官民協力体系を構築する。
    "5G+戦略の10大中核産業及び5大中核サービス"
    内容準備中です。
    5G
    • 10大中核産業
      • ネットワーク
      • 次世代スマートフォン
      • VR·AR デバイス
      • ウェアラブルデバイス
      • 知能型CCTV
      • (未来型)ドローン
      • (コネクテッド)ロボット
      • 5G V2X
      • 情報セキュリティー
      • エッジコンピューティング
    • 5大中核サービス
      • 没入型コンテンツ
      • スマート工場
      • 自動運転車
      • スマートシティ
      • デジタルヘルスケア
    画像拡大
    2020年7月、韓国政府は「韓国版ニューディール政策」を発表し、今後D.N.A(Data、Network、AI)生態系に集中的に投資する予定だ。
    5G全国ネットワーク構築の支援、AI融合プロジェクトの推進などを通じた全産業のデータ、5G、AI活用及び融合の加速化がその目標である。
    "デジタルニューディール5G関連政策"
    デジタルニューディール5G関連政策 課題, 主要投資事業, 総事業費(‘20추~’22, ‘20추~’25), 雇用(‘20추~’25)
    課題 主要投資事業 総事業費(億ドル) 雇用(万人)
    ‘20추~’22 ‘20추~’25 ‘20추~’25
    データダム
    • 分野別データの拡充・連携・活用
    • 5G・AI融合サービスのグローバル先導
      • 5Gネットワークの早期構築に向けた登録免許税の減免、投資税額の控除など
      • 没入型技術を適用したデジタルコンテンツ及び自動運転車の走行技術など5G融合サービスの開発総事業費(億ドル)、雇用(万人)
    73.1 155.6 38.9
    知能型スマート政府
    • 主要投資事業:ペーパレス政府サービス、スマートオフィスの実現
    • 5G・AI融合サービスのグローバル先導
      • 政府庁舎の5G国家ネットワークの構築及び公共情報システムの民間・公共クラウドセンターへの移転・転換
    21.5 83.4 9.1
    スマート医療インフラ
    • 5G、IoTなどデジタル基盤のスマート医療インフラの拡充による非対面医療サービス基盤の構築
    0.9 1.7 0.2
  • 首都圏、大邱・慶尚北道圏の通信機器製造業の発達 コンテンツを開く
    首都圏、大邱・慶尚北道圏の 通信機器製造業の発達
    通信機器産業の中でスマートフォンは首都圏、大邱・慶尚北道圏を中心に、ネットワーク装備は首都圏を中心にクラスターが形成されている。
    内容準備中です。
    • ソウル(九老、テヘラン、上岩など):デジタルコンテンツ、情報通信
    • 京畿(華城、平澤、坡州、器興、利川、板橋、水原、安山など):半導体、ディスプレイ、電気電子、ネットワーク装備など(サムスン電子、LG電子、SKハイニックスなど)
    • 仁川:バイオ、デジタルサイネージ、ロボット(コンテンツ)、情報融合部品
    • 江原:マルチメディアコンテンツ産業(春川)、医療電子(原州)など
    • 忠清南道(天安/牙山):ディスプレイ産業(サムスンディスプレイ、コーニング精密素材など)
    • 忠清北道:ICT半導体、2次電池など(SKハイニックス、DBハイテク、LG化学など)
    • 世宗:世宗先端産業団地(世宗テクノバレー)
    • 大田:大徳研究開発特区、知能型ロボットなど
    • 全羅南道光州:光産業(光通信、光情報機器)、家電など(LGイノテク、錦湖HT、オーイーソリューション、サムスン電子、ウィニア電子、キャリアなど)
    • 慶尚北道:モバイル・スマートデバイス(亀尾、慶山)、電子部品、ディスプレイなど(サムスン電子、LG電子、LGディスプレイ、LGイノテクなど)
    • 大邱(城西):モバイル、IT電気電子
    • 蔚山:自動車、造船、電機・エネルギー(サムスンSDIなど)
    • 釜山:知識型サービス産業インフラ(文化コンテンツ)、クラウド/IoT、海洋ICTなど
    • 済州:電気自動車、スマートグリッドなど
    画像拡大
    ※ 資料協力 : 韓国電子情報通信産業振興会
Invest KOREA
ICT PM
ガン・ヒョンゴン、パク・ミリ 新産業誘致チーム
T.+82-2-3460-7865、7861
おすすめの立地情報