本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

自動車部品

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 製造業
  • 自動車部品
  • 年間400万台以上の自動車を生産する強力な自動車部品基盤を保有 コンテンツを閉じる
    年間400万台以上の自動車を生産する 強力な自動車部品基盤を保有
    年間400万台以上の自動車を生産している経験をもとに構築された韓国の自動車産業生態系は部品産業の持続的な発展の基盤の役割をしている。
    また、IT強国で自動車のスマート化に適切に対応する能力を保有しているため、今後も持続的に成長するものと見られる。
    2019年世界100大自動車部品メーカーランキング(売上高基準)によると、韓国の部品メーカーは8社が100大部品メーカーに選定されており、8社の売上高は570憶ドルで100大部品メーカー売上の6.8%を占める。
    "世界100大自動車部品メーカー中の韓国メーカーのランキング(売上高)"
    (単位 : 百万ドル)
    内容準備中です。
    世界100大自動車部品メーカー中の韓国メーカーのランキング(売上高) 年(2010,2015,2019) 会社名、納品額
    2010 2015 2019
    会社名 納品額 会社名 納品額 会社名 納品額
    현대모비스(9위) 14,433 현대모비스(6위) 26,262 현대모비스(7위) 26,155
    현대위아(45위) 4,115 현대위아(29위) 7,480 현대트랜시스(36위) 7,374
    만도(53위) 3,827 만도(45위) 5,560 현대위아(37위) 6,979
    현대다이모스(92위) 1,338 현대파워텍(50위) 4,554 한온시스템(42위) 6,137
    현대다이모스(71) 3,200 만도(50위) 4,893
    현대케피코(88위) 1,898
    SL(89위) 1,883
    서연이화(94위) 1,695
    画像拡大
    ※ 資料 : Automotive News
  • 輸出中心の持続的な成長 コンテンツを開く
    輸出中心の 持続的な成長
    韓国の自動車部品産業の2019年の売上高は前年比6.5%増加した約654億ドル(韓国ウォンで76.1兆ウォン)で、
    自動車部品産業の売上高の規模は川下産業の成長に後押しされ着実に成長し、2010年の約518億ドル(韓国ウォンで58.8兆ウォン)
    規模から年平均2.9%の着実な成長を見せている。その中でOEM売上が66.5%で最も高い割合を占めており、
    輸出が28.8%、AS部品が4.7%である。
    2019年基準で輸出全体に占める自動車部品の割合は4.2%と高い水準であり、貿易収支の黒字も171億ドルに上る。
    主要輸出品目はその他自動車部品、変速機、車体その他部分品、制動装置と部分品などである。
    ※ 出処:統計庁、貿易協会
    自動車産業動向
    ※ 出処:自動車産業協会「自動車統計月報」貿易協会統計
    ※ 注釈:生産及び内需:完成車
    ※ 注釈:輸出入金額:MTI741、MTI742合算基準
  • 多くのグローバル自動車部品メーカーが韓国へ進出 コンテンツを開く
    多くのグローバル自動車部品メーカーが 韓国へ進出
    世界10大自動車部品メーカーの多くが韓国に進出しており、主に技術力の高い中核部品を中心に供給している。
    先進自動車部品メーカーは韓国をグローバルネットワークの重要な一軸として活用し、電気自動車、自動運転車などの
    未来市場を確保する観点からも投資を進めている。
    多くのグローバル自動車部品メーカーが韓国へ進出:カナダ - MAGNA/米国 - FEDERAL MOGUL, BorgWarner, Cooper Standard/フランス - Faurecia, Valeo/ドイツ - MAHLE, Continental, MANN HUMMEL, BOSCH, ZF/日本 - Calsonic Kansel,DENSO, Yasunaga 画像拡大
  • 未来自動車への転換が加速化 コンテンツを開く
    未来自動車への 転換が加速化
    韓国政府は「未来自動車産業発展戦略」を通じて2030年に世界エコカー市場でのシェア10%達成と
    2027年完全自動運転(レベル4)車の世界初の商用化を目標に掲げた。自動運転車の商用化に向けた技術確保及び
    インフラの構築とともに2030年までに民間部門から516憶ドル(韓国ウォンで60兆ウォン)規模の投資金を造成する計画である。
    また、自動運転技術の高度化のためにインテル、エヌビディア、バイドゥなどと協力し、関連スタートアップを買収するなど
    2022年までに運転者が手動運転に復帰できない状況でも自ら安全な自動運転が可能なレベル4水準の 自動運転車を発売する計画だ。
    内容準備中です。
    電気動力車関連部品に対する政府の技術/研究開発の支援
    (電気車)走行距離の向上(400km → 600km)、充電時間の低減(200kW → 400kW)とともに中核部品の技術高度化の推進(4.5憶ドル規模の予備妥当性調査が進行中) 
    中核部品:バッテリーセル、バッテリーモジュール、バッテリー管理システム(BMS: Battery Management System)、車両搭載充電モジュール(OBC: On Board Charger)
    IT技術基盤の自動運転車及び関連部品の国産化計画
    電子・通信・ITなどと自動車部品メーカー間の融合複合技術の開発(カメラ、レーダー、ライダーなど融合複合センシング及びAI基盤の走行制御技術など)及びモビリティサービスの実証支援などを推進(約9憶ドル、予備妥当性調査の推進)
    中核部品:前方及び側方画像センサーモジュール、77/79㎓デュアルバンドレーダー、格安ライダーセンサー、事故データ保存装置(ADR)、V2X通信技術、デジタルマップ、普及型複合測位、運転者-車両インターフェース(HVIモジュール)、統合DCU(Domain Control Unit)
    画像拡大
  • 全国的に分布している自動車産業 コンテンツを開く
    全国的に分布している 自動車産業
    韓国の自動車産業は比較的に全国に散在しており、首都圏をはじめとする西海岸地域クラスター、
    蔚山を中心にした東南圏クラスター、光州・群山などの湖南圏クラスターに区分される。
    首都圏には起亜自動車、韓国GMの完成車工場があり、現代起亜自動車の南楊研究所をはじめとする研究所及び工場、
    自動運転車専用実験都市(K-City)もある。忠清圏は124の1次協力会社が天安、牙山、唐津地域を中心に集中して分布し、
    東南圏は現代自動車、ルノーサムスン自動車、韓国GMなど韓国内の主要完成車メーカーと337の 1次部品メーカーがクラスターを構成している。
    国内完成車工場及び1次部品メーカーの分布図
    内容準備中です。
    国内完成車工場及び1次部品メーカーの分布図
    • ソウル:部品メーカー37社
    • 江原:部品メーカー4社
    • 仁川:部品メーカー50社
      • 仁川:GM大宇 44万台
    • 京畿:部品メーカー117社
      • 所下里:起亜 32万台
      • 華城:起亜 56.3万台
      • 平澤:双竜 15.3万台
    • 忠清南道:部品メーカー78社
      • 瑞山:東熙オート(起亜) 15万台
      • 牙山:現代 30万台
    • 大田:部品メーカー8社
    • 忠清北道:部品メーカー21社
    • 全羅北道:部品メーカー72社
      • 群山:タダ大宇 2万台
      • 全州:現代 10.3万台
    • 慶尚北道:部品メーカー68社
    • 大邱:部品メーカー47社
    • 全羅南道:部品メーカー8社
    • 光州:部品メーカー28社
      • 光州:起亜 60万台
    • 蔚山:部品メーカー33社
      • 蔚山:大宇バス 0.5万台
      • 蔚山:現代 141万台
    • 慶尚南道:部品メーカー118社
      • 昌原: GM大宇 : 21万台
    • 釜山:部品メーカー67社
      • 釜山:ルノーサムスン 30万台
    画像拡大
    ※ 資料:KAICA完成車各社
    ※ 資料協力:産業研究院
    ※ 注:2019年生産能力基準
Invest KOREA
自動車部品PM
イ・サンフン 基幹産業誘致チーム
T.+82-2-3460-7714
おすすめの立地情報