本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

外国人直接投資(FDI)の定義

  • Home
  • 投資ガイド
  • 投資手続き
  • 外国人直接投資要件
  • 外国人直接投資(FDI)の定義
外国人直接投資とは、投資金額1億ウォン以上で外国人投資比率が10%以上の場合をいい、外国人は特別な規定がある場合を除いては韓国内で制限を受けずに事業を営むことができる。
投資の類型としては、韓国企業の株式を取得する場合、海外の親会社などから5年以上の長期借款を受ける場合及び科学技術分野の非営利法人に投資する場合がある。
なお、外国人投資企業が未処分利益剰余金をその企業の工場の新設・増設などに使う場合も外国人投資と見る(2020年施行の予定)。外国人投資家が株式などを取得するための出資目的物には外国通貨、資本財、取得した株式などから生じた果実、産業財産権などが認められる。
外国人投資金額が1億ウォン以上で、内国法人又は企業が発行する議決権のある株式総数や出資総額の10%以上を所有するか、株式総数や出資総額の10%未満を所有し、その法人や企業に役員(経営上の重要な意思決定に参加する権限を持つ者)を出向または選任させる場合をいう。
  • 外国人 : 外国の国籍を持つ個人、外国の法律に基づいて設立された法人及び大統領令で定める国際経済協力機構
  • 外国人投資家 : 外国人投資促進法に基づき、株式などを所有しているか出捐した外国人
※ 関連規定 : 「外国人投資促進法」第2条第①項第1号、第5号