5 農村から世界的な機械産業都市へ、 再び水素特別市へ飛躍する昌原国家産業団地詳細を見る | Location Report | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

Location Report

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 投資プロジェクト
  • Location Report
農村から世界的な機械産業都市へ、 再び水素特別市へ飛躍する昌原国家産業団地
作成日
2022.08.02
ヒット
167
창원국가산업단지
1970年代、政府は総合機械工業団地の適地として昌原を選定し、産業基地開発促進地域に確定しました。これによって昌原国家産業団地は韓国機械工業の揺籃の地として成長しました。1974年、第1団地造成工事の着工以来、昌原国家産業団地は国の経済発展の中核産業団地で世界的な機械産業団地に急成長し、2011年には生産額50兆ウォンを突破する記録を立てました。

産業団地の概要

  • 名称:昌原国家産業団地
  • 位置:慶尚南道昌原市一帯
  • 団地の規模
    (単位:千㎡)
    산업단지 단지규모를 나타내는 표
    総面積 産業施設 支援施設 公共施設 緑地区域 複合区域
    25,729 17,526 1,954 3,842 2,395 12

最先端産業団地に生まれ変わる再生事業のスタート

韓国初の計画都市である昌原国家産業団地は、環境の変化に直面して以前のような活力と拠点の役割を取り戻すために再整備の時期を迎えています。最近、老朽基盤施設の整備、民間投資の誘致に向けた複合用地計画などを含む再生計画や再生事業地区が指定され、スマート先導産業団地、構造高度化事業、強小研究開発特区などの計画が行われます。

グリーンと人の革新、ICT・AI技術の適用

昌原スマートグリーン産業団地は第4次産業革命時代を迎え、ICT(情報通信技術)を通じたデジタル転換のために「データセンター、シミュレーションセンター、標準製造工程、スマート製造」という高級人材養成事業に力を入れています。デジタル転換とともに「グリーン」と「人の革新」に向けてデジタル転換職務教育、現場のニーズに応じた高級人材の養成など、デジタル時代に見合った人材再配置も行なわれています。

水素産業特別市・昌原の変化の中心

昌原市は2018年11月に水素産業特別市を宣言して以来、水素モビリティの普及、水素ステーションの構築など多様な政策を進めてきました。特に産業団地環境改善ファンド事業の一環として商用液化プラント(5TPD規模)及び貯蔵設備を構築しており、それを通じて韓国の水素産業の世界化をリードしています。

* 出所:韓国産業団地公団

メタ情報