本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

産業動向

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 産業動向
[自動車]韓国自動車産業の輸出動向及び展望
作成日
2019.02.01
ヒット
1130

2018年の自動車輸出は前年比1.9%減の409億ドルを記録


2018年の自動車輸出は5.6%減少した。自動車輸出は2011年以降、成長が次第に鈍化した。2017年から2018年にかけての韓国の全体輸出ははっきりした回復を示したが、自動車輸出は不振が続き、2016年から総輸出より低い伸び率を記録した。自動車貿易収支は、輸出より輸入が速いスピードで増加し、2014年からは減り続けている。2018年1-11月の自動車輸出量は前年同期比5.2%減の2,229千台を記録した。特に、グローバル保護貿易主義、海外生産拡大、韓国GMの群山工場閉鎖による一部車種の輸出中断などの影響で中・小型乗用車および商用車輸出が不振だった。 一方、輸出単価は相対的に単価の高い電気車、SUVなどの増加で上昇傾向にある。2018年の電気車輸出額は10.9億ドルで、前年同期比159.4%増加した。


<表1> 韓国自動車輸出入推移

(百万ドル, %)

韓国自動車輸出入推移
年度 自動車輸出 自動車輸入 収支 全体輸出
輸出額 増減率 輸出額 増減率 輸出額 増減率
2014 48,400 0.4 9,000 44.7 39,400 572,665 2.3
2015 45,238 -6.5 10,699 18.9 34,538 526,757 -8.0
2016 40,155 -11.2 10,472 -2.1 29,683 495,426 -5.9
2017 41,690 3.8 10,902 4.1 30,787 573,694 15.8
2018 40,888 -1.9 12,099 11.0 28,789 605,169 5.5

* 主 : MTI 741基準、2018年は前年同期比
*資料:韓国貿易協会


地域別では欧州、ロシアを除いた大半の地域への輸出不振


地域別では欧州への輸出が17年(+37.0%)に続いて二桁の増加傾向にあり、ロシアも景気回復で需要が大きく増加した。しかし、米国(-6.9%)、中東(-10.9%)、中南米(-15.1%)など、ほとんどの地域は減少した。特に、自動車輸出の3分の1ほどを占める米国は、消費者の購買趣向の変化(セダン型→RV車両)で輸出が減少しており、中南米は景気不安、中東は消費税の改編によるサウジアラビアとUAEの需要急減、イラン制裁などで不振だった。


世界輸出市場シェアと世界順位下落


韓国の自動車輸出は2013年以降、世界自動車輸出市場の成長に及ばず、世界市場シェアや世界順位が下落した。世界自動車輸出市場は2015年の減少から2016年の増加に転じ、回復傾向を示した反面、韓国自動車の輸出は2016年に減少傾向が拡大した。世界自動車輸出市場で韓国製のシェアは、2013年の5.6%から2016年の4.6%に下落し、同期間、韓国の世界順位も5位から8位に下落した。


<表2> 韓国と世界自動車との輸出推移比較

(百万ドル, %)

韓国と世界自動車との輸出推移比較
区分 2013 2014 2015 2016
韓国自動車輸出額(a) 48,154 48,281 45,115 40,081
増減率 3.1 0.3 -6.6 -11.2
世界自動車輸出額(b) 862,201 897,150 851,755 872,145
増減率 3.3 4.1 -5.1 2.4
シェア(a/b) 5.6 5.4 5.3 4.6
韓国自動車輸出世界順位 5 5 6 8

主:HS code基準乗用車、バス、トラック、特裝車を含む
資料:UN Comtradeの資料を利用して国際貿易研究院計算


2019年の自動車輸出額は小幅増加の展望


2019年の自動車輸出は0.5%増加した411億ドルを記録する見通しだ。米国の景気改善の持続と新車発売の効果で、米国市場・SUVを中心に販売量の回復が期待される。グローバルエコカーおよびSUV需要の増加に対応して、国内企業が新車開発・発売(コナEV、サンタフェ、現代/KIAの大型SUVなど)を輸出見通しの肯定的要因として作用している。また、国際原油価格が2018年1バレル=70ドル前後から2019年1バレル=60ドル台に下落したことに伴って、自動車の燃料価格の安定化で自動車の需要も増えることが期待される。輸出物量基準では前年水準に止まるとみられるが、輸出単価の上昇傾向が全体輸出額の増加を牽引することが予想される。輸出展望のリスク要因は、グローバル保護貿易主義と米国の金利引き上げ、海外生産拡大などがある。米国が貿易拡大法232条を適用し、輸入自動車に25%の関税を課す場合、消費者価格の上昇率は韓国製が23.9%で、競争国の中で最も高く、対米自動車の輸出は22.7%減少するものと推定される。米国基準金利の引き上げ(19年度2回引き上げ見通し)による新興国経済不安の可能性、イラン経済制裁による輸出中断、米・中貿易紛争の持続なども輸出下方要因として作用している。


<表3> 2019年輸出展望

(億ドル、前年比)

2019年輸出展望
品目 2017年 2018年 2019年(展望)
自動車 417 409 411
(3.8) (-1.9) (0.5)
自動車部品 231 231 235
(-9.5) (-0.1) (1.7)
合計 648 640 646
(-1.4) (-1.3) (0.9)

*資料:韓国貿易協会 国際貿易研究院


韓国企業の海外生産割合は50%を上回る


韓国自動車企業の海外生産の割合は2000年以降着実に上昇し、2018年には50%を上回った。自動車海外生産の割合は2000年3.2%から2018年1~10月50.6%で、毎年平均2.8%pずつ上昇した。最近では、米国、ロシア、インドなど主要国の自国自動車産業保護のための関税および非関税障壁措置に対応するため、現地生産を拡大する傾向にある。2018年の韓国完成車5社の海外販売は667万5,814台で0.6%、総販売台数は823万台と0.4%増加した。


世界市場のトレンドに先制対応し、競争力の強化が急がれる


最近、韓国の自動車輸出は、世界自動車輸出市場の成長傾向に及ばない不振で、韓国自動車輸出産業に対する競争力診断と対応が切に求められている。世界自動車市場は①欧州小売市場の拡大・米国縮小、②エコカーの浮上、③欧州ディーゼル車の需要急減(ガソリン車の需要急増)、④重小型車の選好強さ、⑤SUVの高成長、⑥cなどのトレンドを見せている。 韓国の自動車産業は米国で競争力が低下したが、欧州市場において、小型車での競争力が改善された。米国自動車輸入市場で韓国製のシェアは2015年10.4%から2018年8%未満に下落した反面、欧州では2015年1.9%から2018年3%近くまで上昇した。 エンジンの大きさ別では、米ガソリン自動車輸入市場で韓国製の中・小型車の競争力は最近弱まっているが、欧州市場では軽自動車を中心に競争力が改善した。




<表4> 世界自動車市場トレンドの変化と韓国自動車対応現況


自動車市場トレンド
世界自動車市場トレンドの変化 韓国自動車対応現況
欧州小売市場の拡大・米国縮小 対欧州輸出割合増加(2014年 11.6%→2017年 18.1%)
エコカーの浮上 販売量は少ないが、主要市場で立場を固めている
(2017年 輸出額 9億ドル, 186.8%成長)
欧州ディーゼル車の需要急減
(ガソリン車の需要急増)
対欧州ガソリン車輸出割合急増(2015年 44.6%→2018.上 72.0%)
重小型車の選好強さ(ガソリン) 軽自動車・中小型車輸出割合増加
(軽自動車/中小型車輸出割合2010年 71.6%→2018年 81.4%)
SUVの高成長 輸出割合は増加したが全体販売量は不振
(輸出自動車のうちSUVの割合2015年39.8%→2017年 53.8%)
米国保護貿易保護主義深刻化 高関税付加の場合輸出不振や米国現地生産拡大予想

今後,韓国自動車産業の成長動力を確保し、輸出不振を打開するためには、変化する世界自動車市場のトレンドを把握し、うまくマッチするように努力し、これを中心に新しい需要を創出しなければならない。近年、電気車やハイブリッド車の経済性、利便性の向上により、需要が増加し、世界のエコカー市場の競争は激しくなることが予想され、主要消費市場である欧州や中国市場を目指して新車開発や品質向上で、グローバルエコカー市場での優位を占めなければならない。第4次産業革命技術の核心素材である半導体分野で確保した高い技術力を活用して新たな融合・複合素材・部品と製品を開発し、世界自動車市場を先導することが重要である。ただし、いまだ内燃機関車の市場規模が大きいことを考慮すると、ディーゼル好みの減少傾向を反映してディーゼルエンジン輸出割合を下げ、ガソリン中・小型車の高級化が必要。また、企業と政府が協力して保護貿易に対する通商外交を強化するとともに、米国に偏っている輸出市場を、高成長している欧州と新興市場(中国、インドなど)に多角化し、FTAネットワークを活用するなど、友好的輸出環境を造成しなければならない。


ムン・ビョンギ (bkmun@kita.net)
韓国貿易協会国際貿易研究院首席研究員


< 本稿の内容は、筆者の個人的見解であり、必ずしもKOTRAが所属する組織の見解ではありません。 >
メタ情報