本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

産業動向

  • Home
  • 有望産業·立地
  • 産業動向
[航空宇宙]韓国ドローン(無人機)産業
作成日
2020.06.12
ヒット
432

2020年、ドローンは私たちの生活に深く、そして眩しい速度で技術と活用範囲が拡大されている。
しかし、韓国のドローン市場は技術と価格競争力の面で中国に後れを取っているという評価を受けている。

韓国のドローン(無人機)の歴史は30年以上になる。軍事用無人偵察機から始まった開発がレジャー用、放送用部門の需要拡大(2014年、中国DJI撮影用ファントム2)によって、商業・レジャー用として活用され、産業用(防災、防疫)に拡散している。

ドローンは様々な分野に広く適用され、社会経済の発展に多くの影響をもたらした。

韓国で稼働しているドローン10機のうち、9機以上は中国製品を含む外国製品が主で、玩具など重量12キロ以下(総離陸重量25キロ)個人用ドローン外産の割合は90%をはるかに超えるものと推定され、公式統計(直輸入)に含まれない製品も相当になると予想されている。

商業用ドローンがドローン市場の成長のための核心という見通しが出ているが、韓国ドローン企業はまだ零細企業が主で、研究開発(R&D)に投資するのが非常に難しいのが実情だ。政府もドローン産業の育成に積極的に乗り出しているが、中国との競争で競争力を確保するのは厳しい状況だ。

ドローンは多様な産業と融合しながら日々変化を続けていて、第4次核心産業として空からの産業革命と呼ばれている。




韓国の全般的なドローン産業の現況と展望を見てみると、

第一は、政府の政策的方向である。
韓国のドローン産業を管掌する主な政府部処は、大きく国土交通部、科学技術情報通信部、産業通商資源部の3部処に分かれている。

次世代ドローンのオリジナル技術を主務部署である科学技術情報通信部は、2026年までの7年間、総事業費は1,703億ウォンを投入し、ドローン技術の競争力を強化することにした。
これは、韓国のドローン技術力(世界最高対比64.4%)が足りず、企業の多数が零細企業・中小企業で、研究開発(R&D)投資にも消極的な姿勢のためである。
このため、科学技術情報通信部が中長期的にグローバル市場の創出および先取りが可能な新概念のドローンオリジナル要素技術の開発支援に積極的に乗り出す。

第二に、ドローン産業の企業現況である。
ドローン産業が未来の国家競争力を左右する核心技術という見通しに異見はない。ドローン製作企業の多数が零細企業水準と競争力が確保されていない教育市場に、大企業がドローン産業進出に躊躇している。

LG電子やハンファ、斗山、現代自動車、ハンコムなどの大企業は、ドローン産業への進出が十分でない市場、不安定な技術水準などが大企業の進出を妨ぐ最大の理由だという。

大韓航空も1990年代後半から無人機開発に集中投資し、軍用無人機と無人ヘリコプターなどを開発している。偵察用無人機は15年から量産中で、垂直離着陸が可能なティルトローター(VTOL/vertical take-off and landing)無人機は、今年中に商用化を目指している。

ハンファシステムは、ドローンに高出力レーザー迎撃システムの研究開発を進めており、斗山はドローン用水素燃料電池の商用化に成功し、これを搭載したドローンは従来のリチウムイオン・ドローンより4倍以上長い2時間を飛行できる。気体状態よりエネルギー密度の高い液体水素をエネルギー源として使ったドローン開発にも成功した。

中小企業のうち、セーフ・アス・ドローンは2016年に設立されたドローンスタートアップとして、厳しい業務現場に特化したドローンおよびドローン制御システムを開発した。
人工知能システム、映像分析の円滑な処理のための高速・大容量飛行コントローラー、ドローンコントロールシステムを開発し、ドローンの飛行および任務状態をモニタリングして収集されたビッグデータを保存・分析するプラットフォームを開発している。

韓国中小企業の挑戦には拍手を送りたい。また、中小企業はきちんと基本から技術を開発しなければならない。

高度化した技術力と資源を持っているが、早く発展する海外ドローン技術と市場に追いつくには無理がある。産業間融合と人的資源の融合が必要だ。ドローン産業が様々な産業間の融合を通じて新しいビジネスモデルを探して、その範囲を拡張し、融合人材養成教育を行わなければならない。
韓国を超え、海外でも競争力を確保できるドローン専門人材の育成に向けた持続的な関心と支援が必要だ。

最後にドローン産業の展望である。
エネルギーおよび物流、建設、農業、交通、インフラ管理の部門においてドローンを活用した検査や保守・維持関連のサービス、コンテンツ、3Dマッピング(Mapping‐測量や地図の製作)、データ捕集などのサービスへの需要が拡大されると見込まれるため、これに注目する必要がある。

韓国が保有している優秀技術から始めても遅くない。
通信産業、ソフトウェア・プラットフォーム、部品素材が融合初期であり、ドローン産業は初期段階である。今、ドローン産業に翼を得て融合に投資すれば、グローバルに飛翔できる。


パク・ソクジョン(ttwopark@hanmail.net)
韓国ドローン産業協会会長


< 本稿の内容は、筆者の個人的見解であり、必ずしもKOTRAが所属する組織の見解ではありません。 >


メタ情報